読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

When I meet your sky-日常の讃歌

シンガーソングライター田村駿の公式ブログです。

境界線を飛び越えて

何かが自分の中で超えた。

そんなライブでした。

 

f:id:atticroomsunshinepriv:20160814204240j:image

 

アルカスホールでのサマーフェスティバル、ゲストは有山じゅんじさん。

 

今回は犬丸君のサポートでフォークの名曲をカバーするという特別なイベントでした。

戦争を知らない子供たち

白い色は恋人の色。

 

改めて響きの美しさ、素朴なメロディーの力強さを学ばせてもらいました。

 

今日までいろいろ真剣に取り組んで、いまベッドにぐったりしながら、このブログを書いているのですが、

 

とりあえず有山じゅんじさんのブルース、ラグタイムに圧倒されました。

もう耳を通して入ってくる情報量が凄すぎなのですが、心に残りすぎて、消化できない自分に遭遇しています。

これが凄く嬉しいことで、また一つ先の世界に飛び込ませてもらえました。

 

有山さんのパフォーマンスに感動、感嘆はもちろんなんですが、今日はめちゃめちゃ素敵な出会いが。

 

リハ終わりに控え室でブルースをがちゃがちゃ弾いていると、ひょろっとした黒人のイケメンが登場。

彼は有山さんのセッションサポートでガンビアの楽器コーラを使いこなすスーパープレイヤーでした。

アマドゥっていうファンキーな奴。

 

ブルースがお好きのようで、弾くとAmazingを連発してくれ、お世辞でもなんかコメントしてくれるのが嬉しくて、二人で音楽の話をすると意気投合。

オーストラリアから来たそうで、めちゃめちゃ素敵なミュージシャンでした。

 

二人で音楽について語り合うと止まらず、とりあえずたこ焼きを食べにいくというハプニング(笑)

 

僕らの出番でもステージを見ていてくれて、バッキングアプローチを気に入ってくれ、僕は彼のコーラの演奏みて、これまた感動。

アンコールの時は抱き合ってましたw

 

それでよく話を進めると、実はベースが大好き、というかファンクとかブルースのバンドやってるって話しになって、プレーを見せてもらったら、ただの化け物ベーシスト(笑)

 

自分なんでもできるんかい!(笑)

とつっこむとエヘヘへと笑う彼。

にくめない(笑)

 

まだこちらにいる間に彼とセッションする約束もして、二人でmaking songする話になった。

彼も僕の事を本当に気に入ってくれたらしく、また拡がりました。

 

f:id:atticroomsunshinepriv:20160814210043j:image

 

 なんかこうやって繋がって、楽しくやれるのって幸せですね。

しかも高みを見てる人だからこそ、話が止まらない。二人で音楽の偉人の話をして、本当にへこむよなって話せたことが幸せでした。(笑)

 

なんか新しい自分に出会えて、いままで目の前にあった線を越えられた感覚に驚きとあるけど、ワクワクばかりです!

 

 

まだまだこれから!

もっと飛び立っていこう!