When I meet your sky-日常の讃歌

シンガーソングライター田村駿の公式ブログです。

気まぐれな天気をすり抜けて

一頻り降り続く雨が

街に溜まる憂鬱を洗い流したら

 

少し透き通った風が

見えない日々に小さな希望を重ねてくれる

 

f:id:atticroomsunshinepriv:20180612004241j:image

 

こんばんは。

田村駿です。

 

とにかく湿気が凄い今日この頃(笑)

皆さま体調など崩されてないでしょうか?

 

楽器もこの季節は

いつもよりお疲れ気味のご様子

早めのメンテナンスが大切ですね。

 

昨日は遅くまでリハーサル、プリプロでした。

サポートしてくれる二人も、日中にいろんな事をこなして来てくれており、感謝がいっぱいの時間でした。

 

f:id:atticroomsunshinepriv:20180612004657j:image

 

曲の合わせもバッチリ。

終わったらジャムしたり、音楽話で盛り上がるスタジオでございました。

 

帰りにベースのてんしんくんと御堂筋を走っていると空気が澄んでいて、交通量も少なく、とても綺麗な帰り道。

 

車内に流れていたキリンジが風景に溶け込むような瞬間に、二人とも黙っていました。

(てんしんくんはその様子をツイッターに動画であげてたので、よければ見てみてね)

 

昔から車に乗るとそうなんですが、景色に合う曲を聴きたくなるんです。

 

よりその瞬間を大きなものにして、自分の心の中に残してくれる。

 

結局帰りは海沿いまで出て、海岸線を走り抜けて帰りました。

(聞いていた曲はスピッツのロビンソンでしたが、シャッフルで次に流れたのは浜田省吾さんのラストショーでしたw 是非歌詞を見てみてくださいw)

 

バックミラーの中に追憶を覚えてしまいそうな季節ですが、疲れてしまったり、進めなくなったら立ち止まりましょう。

 

そしてゆっくりと落ち着いて振り返ればいいと思います。

自分が歩いている間に見てきたものを。

また見落としてしまったものも。

 

全部受け入れて、認めて。

そこから始まる物語もあるのではないでしょうか。

 

メンバー紹介するって言ってたのに、スタジオ集中し過ぎて、何にも用意してなかったw

 

また次回楽しみにしててね。

 

それじゃ、また明日。